医療ナレッジ

  • トレアキシン症例報告
    当院における皮膚障害マネジメント (安城更生病院)

    安城更生病院でトレアキシン治療が行われた症例を治療経過を含めて紹介し、皮膚障害のマネジメント方法について解説します。

  • トレアキシン症例報告
    当院における皮膚障害マネジメント (関西医科大学)

    関西医科大学でトレアキシン治療が行われた症例を治療経過を含めて紹介し、ベンダムスチン治療による皮膚障害のマネジメント方法について解説します。

  • トレアキシン副作用マネジメント
    ベンダムスチン療法におけるリンパ球減少とCMV抗原血症

    東京女子医科大学でトレアキシン治療が行われた症例を紹介し、ベンダムスチン治療中のCMV感染リスクについて解説します。

  • 治療中留意すべき副作用・臨床症状の発現時期解析

    未治療の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫及びマントル細胞リンパ腫に対するトレアキシンの国内第2相臨床試験中にみられた主な副作用・臨床症状の発現時期と臨床検査値の変動の解析データをご紹介します。

  • DLBCLを対象としたベンダムスチン+リツキシマブ(BR)の国内第Ⅲ相臨床試験(2017002試験)

    再発又は再燃びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)を対象としたベンダムスチン+リツキシマブ(BR)の国内第Ⅲ相臨床試験(2017002試験)についてご紹介しています。

  • トレアキシンを未治療の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫及びマントル細胞リンパ腫の治療にご使用いただくために

    未治療の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫及びマントル細胞リンパ腫の治療にトレアキシンをご使用いただく為に、投与対象、投与にあたってご留意頂く事、副作用情報、臨床成績をご紹介しています。

  • トレアキシンを慢性リンパ性白血病の治療にご使用いただくために

    慢性リンパ性白血病の治療にトレアキシンをご使用いただく為に、投与対象、投与にあたってご留意頂く事、副作用情報、臨床成績をご紹介しています。

  • トレアキシンの多彩な分化メカニズム

    トレアキシンの作用メカニズムについてご紹介します。
    例えば、トレアキシンの細胞周期に対する作用について触れています。

  • トレアキシンの投与にあたって<薬剤調製>
    「トレアキシン点滴静注用製剤(凍結乾燥製剤)の薬剤調製」

    トレアキシン点滴静注用製剤 (凍結乾燥製剤) の調製手順や投与にあたっての注意事項についてご紹介します。

  • トレアキシンの投与にあたって<薬剤調製>
    「トレアキシンの薬剤調製」

    トレアキシン液剤(RTD)の調製手順や投与にあたっての注意事項についてご紹介します。

  • トレアキシン ポケットガイド

    トレアキシンの用法用量、主な副作用と発現時期や対策についてコンパクトにご紹介します。

  • トレアキシンの治療を受ける方へ 治療のてびき

    トレアキシンの治療を受ける患者さんやそのご家族のために、病気の説明と治療法、日常生活における注意などについて解説します。

  • 第62回 米国血液学会記録集 2020年12月5日~8日(Web開催)

    2020年12月5日~8日に開催された第62回米国血液学会の記録集をご紹介いたします。
    *本資材は学会の最新情報を掲載していることから医療関係者からの求めに応じて提供する資材であり、特定の薬剤について紹介するものではありません。掲載されている薬剤の使用にあたっては各薬剤の最新の添付文書を参照してください。
    また、一部の薬剤またはレジメンについて国内未承認となっておりますので、ご注意ください。

    • Abstract #29

      FLT3阻害剤治療歴を有するFLT3遺伝子変異陽性急性骨髄性白血病に対する
      FLT3阻害剤ベース治療の臨床成績

      Musa Yilmaz, Department of Leukemia, The University of Texas M.D. Anderson Cancer Center, Houston, TX, USA
    • Abstract #146

      再発・難治性で自家造血幹細胞移植を施行した、
      化学療法感受性のDe-Novoびまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者の長期予後に細胞起源が及ぼす影響

      Madiha Iqbal, Division of Hematology-Oncology and Blood and Marrow Transplantation Program, Mayo Clinic, Jacksonville, FL, USA
    • Abstract #282

      濾胞性リンパ腫患者におけるリキッドバイオプシーを用いた次世代シーケンシングでの微小残存病変モニタリング

      Ana Isabel Jiminez Ubieto, Hematology Department, Hospital Universitario 12 de Octubre, Madrid, Spain
    • Abstract #471

      高齢のホジキンリンパ腫患者の初回治療としてブレンツキシマブ ベドチンの単剤療法および併用療法の検討

      Christopher A. Yasenchak, Willamette Valley Cancer Institute and Research Center, Eugene, OR, USA
    • Abstract #476

      高齢の中枢神経系原発悪性リンパ腫患者における現代の実臨床成績と予後予測

      Kevin A. David, Rutgers Cancer Institute of New Jersey, New Brunswick, NJ, USA
    • Abstract #533

      ダブルヒットシグネチャーとTP53遺伝子異常はR-CHOP療法を施行された
      胚中心型びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の予後不良因子

      Joo Y Song, Department of Pathology, City of Hope National Medical Center, Duarte, CA, USA
    • Abstract #562

      急性骨髄性白血病の同種造血細胞移植における臍帯血と
      移植後シクロホスファミドを用いた不適合非血縁者ドナーの治療成績の比較

      Bhagirathbhai Dholaria, Department of Medicine, Division of Hematology and Oncology, Vanderbilt University Medical center, Nashville, TN, USA
    • Abstract #615

      中枢神経系原発悪性リンパ腫に対する自家造血幹細胞移植の前治療における
      チオテパ併用レジメンの優れた治療成績

      Trent Wang, Sylvester Comprehensive Cancer Center, Miami Springs, FL, USA
    • Abstract #1124

      進行期濾胞性リンパ腫の初回治療でのオビヌツズマブ化学療法とリツキシマブ化学療法との比較において、
      RECIL2017規準はCheson2007およびLugano2014と同程度に予後予測、治療間差を検出

      Lale Kostakoglu, University of Virginia, Charlottesville, VA, USA
    • Abstract #1202

      米国の実臨床データに基づく高齢の初発DLBCL患者におけるアンメットメディカルニーズ

      Ashwini Shewade, Genentech, Inc., South San Francisco, CA, USA
    • Abstract #2511

      再発濾胞性リンパ腫を含む低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫における逐次療法が治療成績
      および医療費に及ぼす影響:エビデンスに基づく財政インパクトモデルの結果

      Ali McBride, Division of Hematology/Oncology, Department of Pharmacy, The University of Arizona Cancer Center, Tucson, AZ, USA
    • Abstract #2958

      ワルデンシュトレームマクログロブリン血症に対するベンダムスチン+リツキシマブ療法:
      患者アウトカムとベンダムスチン用量が及ぼす影響

      Suzanne O Arulogun, University College London Hospitals NHS Foundation Trust, London, United Kingdom
  • トレアキシンWeb説明会
    「再発又は難治性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対するトレアキシン治療について」

    トレアキシン点滴静注用は、再発又は難治性のDLBCLに対し、2021年3月23日に効能・効果及び用法・用量の追加承認を取得いたしました。
    承認取得の評価資料として用いられた2つの試験についてご説明いたします。

これから先は、外部サイトにリンクされます。
サイトをご覧になる場合は下のボタンをクリックしてください。